カテゴリー「Tasmania Life」の9件の記事

2011.02.09

Tasman Blue

               

         Tasman Blue

続きを読む "Tasman Blue"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.07

Monky Mia 1日目

夫が西オーストラリアアルバニーに出張

クリスマス休暇は西オーストラリアを旅行することに

後日私もタスマニアからパースへ移動

夫と合流

私たちはパースから小型プロペラ機で北上

パースの友人らは西オーストラリアの美しい自然を

世に知らせるべくネイチャービデオ製作の仕事をかねて

パースからボートを車で引っ張って600キロ北上

Monky Miaで合流した。

Shark_bay_004 

Monky Miaはリゾート地

オーストラリアの太陽の照度は日本より断然高い

空気が本当澄んでいて

空の青さがより一層青く

海が美しすぎて

Shark_bay_013

Shark_bay_023   

イルカがお出迎え

Shark_bay_034

Shark_bay_006

ペリカンがあたりまえのように泳いでた

Shark_bay_047

5人でジョンのボートに乗り込み

野生のイルカの群れ探し

群れを見つけ大きな水中カメラをもって一緒に泳ぐ作戦

ジョンがイルカを見つけるたび

私もハンスと一緒に海に飛び込んだけど

風が強く海も濁っていて視界がわるく

水中では見ることはできなかった

でもたしかに

キューキューという

彼女たちの声だけが耳元でささやくように聞こえた

Shark_bay_051

マンタもいた

水族館で優雅にひれを動かして泳いでいるそれとは違い

力強くものすごいスピードで移動する姿に驚いた

ジュゴンもシルエットを見ることができた

日本にいるときは人間が

自然をコントロールしているかのように錯覚していた

この美しくまぶしすぎる自然の中では

我々が確かに生かされているんだと感じる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.29

LAKE PEDDER

夫が2週間出張でインド洋の荒波にもまれている頃

朝早く目が覚めて気ままにillyのエスプレッソを飲みながら地図を眺めていた

LAKE PEDDER・・ 西にある大きな湖が気になった

どんなところだろう・・・

ふと思い立ちHobartから西へ150km弱のLake Pedderを目指して出かけてみることにした。

この日は最高の天気で美しいDerwent Riverを眺めながら

Primary Route A10からSecondary Route B61に入り

郊外の牧歌的な風景を楽しみながら進んだ

地平線まで続く道に少し気後れしながら運転していくと

次第に民家もなくなり、すれ違う車もなくなった

さらにMinor Route C607に入った

この道はスピードを出すと滑るほどの砂利道でアップダウンもありさすがに少し怖くなってきた。

強い日差しの下

木々の緑さえもまぶしくて

車を降りてみた

136_3660_3

誰もいない・・・・全く人の気配がない

音もしない・・・辺りを見渡すと大自然にぽつんと古びたベンツ・・・

風の音さえも恐ろしいような

みぞおちのあたりがつんと痛くなるような

今までに感じたことのない気持ちになった

畏敬の念・・

これが畏敬の念というものなのかな

この気持ちはなんだろう

昔国語に時間に習ったこの言葉の意味はピンとこなくてよく分からなかった

もう少しで湖のキャンプサイトがあるからそこまで行ったら人がいるはず・・

私はいそいそと車に乗り込み、きょとんとしている息子の相手もそこそこにして

さらに進んだ

136_3662_2

見渡す限りの手つかずの大自然

誰もいない

何もない

何も起こらない

キャンプサイトのそばの湖の畔でカヌーを運んで湖に出かける男女を見かけ

なんだかホットした

遅めのランチを畔でそうそうに済ませ

なんだかおちつかないまま帰路についた

とどまっていたいような、一刻も早く立ち去りたいような

帰り道、Hobartの町並みが見え始めたとき

ホットした

その後夫が出張から帰りこの日の出来事を話した

途中で車がパンクしたりオーバーヒートなんか起こしたら大変なことだったと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.27

イングリッシュガーデン

132_3298_5

美しいバラ・・・

庭には何種類もの美しいバラが植えられていました

そのほか数え切れないほどの大きいホワイトカラー、ラベンダー等・・・

鈴なりのプラムやレモン、ストロベリーやハーブなどお庭も楽しむ事が出来ました。

ホバートの町並みを見ているとお庭がとても美しく手入れされているのが目立ちます

入植時代から続いているイングリッシュガーデン

様々な種類のバラが丁寧に育てられているし、デザインされているお庭がみられるので

近所の散歩はとても楽しい

夏はスプリンクラーで毎日水まき

タスマニアは水道代というものが存在しない ので心配なし

とにかく乾燥が厳しくて紫外線が日本に比べて5倍以上

夏は暑さと強すぎる日差しで

状況によってはBush Fire(山火事)が起こるほど!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

Toy Library

Img_3013

Hobart NewTown のToy Library

子供のおもちゃを貸し出ししてくれるところです

さすがOZ!!スケールが違いました

トランポリン、大きな車、滑り台などなど・・・

面白い物がたくさんありました

この頃2才の息子は1つのおもちゃでそう長くは遊んでくれなくて

最初に登録料が少しかかりますが

これは経済的だし、物が増えないのでこれはGood system!

かなり利用させてもらいました

133_3334

その他文房具類なども割と安く購入できる

オーストラリアでとにかく高いのが

「紙」

河がすくないからなのか、環境保護のためなのか

製紙工場がほとんどありません

ノートが5$!?

紙おむつが”24$!?  (当時1$95円くらい)

驚くほどです

色紙等もリーズナブルに購入できました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

Birthday Party

135_3523 

私の住んでいたTaroonaのPlay grupe* で知り合った

スコットランド出身のSuzanne

タスマニアに移って3年

この日はルイザちゃんのBirthday Partyに家族で招待されました

行ってみるとPlay grupeの仲間やご主人の大学関係者等20人ほどのParty

みんなで喜びを分かち合うのはいい習慣!

毎年思うけど、子供の誕生日、こんなに喜ばしい日家族だけではもったいない

気心の知れた仲間と楽しくこの日を過ごしたい

そう思います

初めて飲んだスパークリングルージュワインはGood choice!

本場の手作りスコティッシュマフィンは最高のお味。

(レシピ教えてもらったけど小麦粉が違うのよねぇ・・)

グリーンピースのリゾットが出てきたときは、グリーンピースしかはいってないの?

と思ったけど食べてみると・・・Beautiful!

ローランド(彼女の夫)がつくり、一人ずつに丁寧にサーブ・・・

イギリスの空気を感じました・・

素朴さが心地よく

そしておもてなし上手でした

*日本でいう公民館のような地域にある施設で就学前の子供達を遊ばせるためのコミュニティー 5$程度と果物等を持ち寄って活動している

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

サラマンカマーケット

Img05aa5df2zik7zj

毎週土曜日に開催されるサラマンカマーケット

町中の工芸品、Quality Wool、大道芸人、野菜などの食材、生ソーセージをその場で焼いたホットドック(絶品!!大のお気に入りでした)等々・・

100以上の露店が集まりとてもにぎやかで活気づきます

行き来する人を見るだけでも楽しい

Img_3048_2

ヴァイオリンを弾いているのはタスマニア大学の学生かな。すごく上手な子が一人いてここに来るたび聞き惚れていました

ということで土曜午前はオーガニック野菜とラムラップ*がお目当てでサラマンカまでお出かけ。

強い太陽の日差しの下

そばのテラスでカスケードビールを片手にのんびりと休日を楽しみます

* 羊の丸焼き出店の奥の方で羊ちゃんがぐるぐるローストされているのをナイフで削いで野菜と共に薄いパン生地(ラップ)で包んで特性ソースをかけてくれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rent House

Img_2975_2

ここのオーナーとお食事

物件は日本にいる間にreal estate.auで2,3件に絞りHobartに着いてから

この家の住所を調べ行ってみると・・

直接オーナーにあうことが出来た!!

いろいろと交渉し、不動産を通さないでその場でOZ流ハンドシェイク!!

8ヶ月間,ベンツ(かなりクラシックだったけど)も貸してくれることなりました

最初から、いい人に巡り会い,トラブルなく広くて使いやすくいい家を見つけることが出来ました

Img_3021_3

Img_3170

Img_3148

家の窓から見える景色。

突然のshowerは日常的。

雨が通り過ぎた後,頻繁に虹がかかります

ゆっくり流れる時間

美しい景色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gap Year

2005年8月~Australia Tasmaniaで暮らした8ヶ月

現実の中で自分の暮らしを見つめ直す事が出来た

物にあふれ情報が氾濫し時間に追われた生活から一転

Tasmaniaに来て感じたこと、素晴らしい時間、思い出しながら

少しずつ綴っていきます

137_3713

Img_2979_7 

Tasmania Hobartに引っ越して何日目か、早朝に目が覚める

Taroonaにある海の見渡せる素敵なお家

美しい景色

朝焼けが一層それを際だたせる

いま、目の前を何かが横切った??

よく見てみると虹色のparrotが

澄んだ冷たい空気をきるように羽ばたいている

望遠鏡をのぞくと何十頭ものイルカの群れや時には鯨を見ることができた

南の果ての楽園

| | コメント (0) | トラックバック (0)