カテゴリー「 教室」の10件の記事

2009.05.21

米粉でつくるおもてなし料理

Img_1595

takakoさんと一緒にaya*さんのお料理教室へ♪

ついつい楽しくて、美しくて、おしゃべりも、写欲も、とどまることを知らず(汗)

でも説明はしっかり聞いていました☆

↓コチラ☆

 ファイブスタイル ブログランキング

一つでもポチっと押してくださるとうれしいです☆

お時間のある方よろしくお願いしま~す*^^

そして、おうちでも作ってみたいものばかりでした♪

続きを読む "米粉でつくるおもてなし料理"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.29

Cafe Style Lunch

Img_5616_3

つるん!が印象的でした♪

控えめ、慎みの美学

そのもの

甘さの控えめな感じが素晴らしいのです

トータルバランスが絶妙

「カンタンCafe風プリンよ」とmikiさん

でもカラメルの火から下ろすタイミング

お湯を入れるタイミング

火力、焼き加減はやはり完璧でした

幾度となく様々なレシピで焼いてきたプリンですが

意外に納得のいく仕上がりにならないもので

カラメルが多すぎたり、プリン液が柔らかすぎたり

なめらかにならなかったり

甘すぎたりお砂糖が足りなかったり

どれもほんのちょっとでもピントがずれると残念

牛乳の脂肪分でも変わります

アンバランスなプリンは

10年程前のあのときみたいに残念

背の高い素敵な弁護士さんとお見合いで

高級フレンチ♪

ワインの飲み方と笑い方が気に入らなくて

全てが台無しに見えたあのときみたいに残念

おいしいプリン食べながら急に思い出しました

ともあれとってもとっても「美しい」プリンで感動!

だったので♪

トップ記事☆

mikiさん、aya*さんとはお教室で知り合って以来

こうして一緒にオイシイTableを囲むのは何度目になるかしら

毎回、刺激的で楽しいひととき

オイシイ時間はどうしてこんなに人を幸せにするのかしら

美味しくて楽しくて

今日はyukiさんも一緒

彼女のあんな幸せ顔初めてみましたよ☆

彼女もお料理が大好きで最近ますます腕を上げてます

シソジュース、ところてんありがとう

Img_5582

「こんにちはmaikoさん、今日もワタクシ

こんなに元気に焼いてイタダキマシタ」

と聞こえた?

大好きなホシノのプチパン♪

オイシイ

お料理しながら2個もつまんでしまいました

そろそろ下調べも最終段階

こんなに美味しく焼ける日が来るのでしょうか

Img_5594

ピタは中近東、北アフリカなどそれぞれ特徴があるようです

今日はふんわりピタを教わりました☆

Img_5604 

特製のソースで漬け込んだ

意外にもマイルドなタンドリーチキン、ビーンズサラダ

クレソンペーストで炒めたジャガイモ

など野菜をたっぷり挟んで♪いただきました

ヨーグルトソースでいただいたピタは

タスマニアでのお気に入りだったGreek料理専門店の

さっぱりジャジキソースでいただいたラムのピタの

テイストにも近い様な☆

暑くても食欲をそそる料理です

ちなみにジャジキソースは

ヨーグルト、にんにく、オリーブオイルや

ビネガーを入れたソース

プレーンヨーグルトのソースはさっぱりヘルシーで好きです

カスピ海ヨーグルト:マヨネーズ2:1でポテトサラダ

サモサにプレーンヨーグルト・にんにく・塩・レモンソース

タルタルソース・・・

プレーンヨーグルトの塩味ソースレシピパリエーション☆

初めて食べた時はさっぱり美味しくて目から鱗でした

ファイブスタイル ブログランキング 

↑ランキングに参加してます♪↑

日々の励みになりますので

どうかあたたかい1クリックをお願いします♪

Img_5614

アイスティー♪

オレンジシナモンなど2種のフレーバー

とってもナチュラルな香りで美味しい~

そして素敵な器はお菓子をより一層引き立ててくれました

Img_5613_2

思いがけずクラブハリエのバームクーヘンと共に♪

mikiさんオイシイ楽しい時間を今日もありがとう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.09

Sri Lankan Carry シラーニさんのつくる本格スリランカン

Img_4810_2

Img_4812_2

今日はRikakoさんと西町国際クラブのお料理教室にご一緒させて頂きました

そしてシラーニさんにひよこ豆のカレーと鯖のカレーをメインにした

スリランカ料理を教えていただきました

カレーはスパイスが決めて

何種類ものスパイスを使いますが

スパイスのバランスはどうなんだろう・・・・と

今日はそれに注目でした

我が家の特別カレーは

カレーパウダー、ガラムマサラ、クミン、コリアンダー、ターメリック、カイエンヌペッパー、

タマリンド、マンゴチャツネ等を目分量で入れたインド風のチキンカレー・・・

Img_4768_4

「コレで擂ると風味がだんぜんよくなります」とシラーニさん

野菜も切り方で美味しさが変化する様に

ニンニクや生姜などもおろし金でおろすのとコレで擂るのとでは

きっと風味にちがいがでるのでしょう

Img_4780

Img_4779_2 

ホールのカルダモンの香りがあまりにも薫り高くて衝撃的

シナモンは皮の内側だけを乾燥させたもの

とっても控えめでフルーティーな香りで

そのままかみしめるとぴりりと甘い風味

私の知っているシナモンではありませんでした。

スリランカのご実家から直送

ワタシが驚いていると

「シラーニのカレーの味にはなかなかならないのよ、素材が違うのよ」

とRikakoさん

以前イタリアンの話になったときに

「本場の生のポルチーニを是非食べてみて!」

とおっしゃった彼女の言葉が今更のように納得

Img_4785_2

香辛料を目分量でささっと入れていくシラーニさん

あわてて大さじ何杯・・・・とメモするワタシ(汗)

ターメリックは意外に少なめ

* * *

Img_4794 Img_4795

Img_4813_2皮をむいてあるきれいなオレンジ色のレンズ豆

ダルカレーや煮込み料理に茶色のレンズ豆

をつかっていましたが、それは皮付きだそうで

栄養価は茶色の方が高いようですが

口当たり、食べやすさ等はオレンジの方がよいようです

イメージ的にお米と似ているかしら

ブレンダーで粗めに回した後

タマネギや香辛料を入れた揚げ物

スパイシーでピリッとチリの効いた夏向きな一品

* * *

Img_4805_5

Img_4799_2

ココナッツ風味のうりのマリネ

スリランカのキュウリは

このうりに近いそうです

故郷の鰹節、レモン、ココナツパウダー

がたっぷり入ったさっぱりとしたサラダ

* * *

Img_4801_3Img_4796_2 

豆の粉でつくるパパダン

揚げたては

香ばしくてサクサク

カレーに添えて一緒にいただきます♪

* * *

Img_4820_2_2

カレー2種、レンズ豆の揚げ物 うりのサラダ、パパダン、ライスを

ぜんぶ混ぜながらいただきました

それぞれを単品で食べるよりも

全部が一体となってもっともっととってもオイシイ♪

絶妙なバランスでこれは不思議な感覚でした

ジンジャー風味のチャイとともに

Img_4888

シラーニさんの遠く離れたお母さんの

お手製のカレーパウダー

ガラムマサラにも似た、薫り高い素晴らしい香辛料!

きっと離れた日本に住む彼女の事を思いながら

とっても時間をかけてつくられたものに違いありません

そんな貴重なものを

ワタシにも分けてくださいました

美味しさを損なわない様に使いこなせるかしら!

ファイブスタイル ブログランキング 

↑ランキングに参加してます♪↑日々の励みになりますのでどうかあたたかい1クリックをお願いします♪

* * *

西町国際クラブの皆様、楽しく過ごさせて頂きありがとうございました。

ワタシよりももっともっと年を重ねてきた人たちとの交流

実家にもほとんど帰ることのないワタシにとって

普段話すことのないお母さん世代の方達とのふれあいは心地よく

海外から日本に留学されている若者たちを見て

ほんの少し前の自分の姿とオーバーラップして懐かしさにも似た気持ち

ほんの少し?気がついら15年も昔(驚)

懐かしさと、ちょっとした寂しさにも似た気持ち

月日は容赦なくながれているんだなぁ・・・・

それにしても素敵なひとときでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.10

Focaccia&Grissini フォカッチャ&グリッシーニでランチプレート

 Img_4078 

香りをつけたオリーブオイルを練り込みローズマリーを加えて

もちもちフォカッチャ♪

aya*さんレシピで一度作ってみたいと思ってました♪

ニーダーの使い方、発酵の状態等

工程をよりカンタンに楽しく教えてくださいました☆

そして勉強させて頂きました☆

お教室はコチラ

ナポレオンがこよなく愛した北イタリア トリノの名物グリッシーニ

美味しいポークリエッタを添えて♪

サクサクでアペリティフなワインのお供にもきっと最高ですよね!

これは消化が良いので

イタリアでは病院食にも使われているとか

今月1才になるHappyちゃんも焼きたてをポリポリ

おいしくて口の中が一杯になっていました^^

Img_4090

新タマネギのスープ

野菜がこんなに甘みを持っているなんて!

と驚くほどの甘いスープ

野菜の特徴を知り、調理の仕方で美味しさを最大限に引き出すことが

お料理上手につながるんですね

スパイスもそうです

さらに素材の旨みを引き出すエッセンスですもの☆

Img_4076

あかじゃがはさつまいもに近い品種

長崎に住んではじめて食べました

今日はコレを香草焼きに♪

先日satokoさんにいただいたおいしいあかじゃがでポテトサラダにしても

とっても美味しかった

Img_4101_3

新鮮な数種のお豆、エッグ、ジャガイモ、トマトの香草焼き

プレートが色鮮やかに

フォカッチャはふんわりもっちり

上質なEVOilがお口の中に広がって♪

おいしい~~の歓声!

Img_4105

初デコレーションのモンブラン

ニンジン本来のあざやかさ、甘さが引き立ちヘルシー♪

そらまめの食べ頃の時期もあっという間!

それでもほっくり♪

旬の最後をおいしく味わいました☆

Img_4110

中のスポンジがはかない程ふわふわでしっとり!

早速我が家でも作ってみたいです

↓ランキングに参加してます♪↓日々の励みになりますのでどうかあたたかい1クリックをお願いします♪

ファイブスタイル ブログランキング 

* * *

初めてお会いした方とも楽しくおしゃべり

OZ話に花が咲き♪

人見知りのワタシ(汗)も共通の話題もあり楽しく美味しいひととき

遠方からのご参加!

ワタシはこんなに近くに、素敵な先生がいらっしゃることにあらためて感謝しつつ・・・

一期一会

またお会いできる日を楽しみにしています☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.21

ハーブ入り生パスタ!

今日のお教室はイタリアン

お料理でいちばんイタリアンが好きな私にとって

どんな生パスタを作るのかとっても楽しみにしていました♪

Img_3518 

ハーブ入りの生パスタ!

そしてタイプはタリアテッレ、しかも大スキなポルチーニのソース

香りは西洋風の椎茸ような・・・

もっと濃厚で気品に満ちた香り

ポルチーニは普段食べられるものではありません

なのでポルチーニブロードを常備するほどポルチーニ好き

生クリームとの組み合わせで非常にリッチなテイスト

特別な時に頂きたい組み合わせです

フンギポルチーニ(これはなかなかかおりもよくてお得ですよ)では

リゾットや、シンプルにコレの入ったアーリオ・オーリオ、

はおもてなしに作ったことはありました

しかし今までは乾燥パスタだったので

生パスタでいただけるとあってかなりの期待♪

生パスタは粉の配合も様々

今回のこの粉の配合は初耳で興味津々・・・

捏ねて捏ねて、力を込めて・・・・

そして冷蔵庫で寝かせます

Img_3527_3 

パスタマシーンで美しーーーく伸びていきます♪

Img_3532_2

美しすぎるタリアテッレ!

この時点で、このパスタマシーン入手決定

Img_3542_2

乾燥させて

Img_3548_2

ボイル後、ここからは全て手早く絡めます

Img_3553_4

ポルチーニと生ハムのパスタ!

Impeccable!!

贅沢にもたくさんの旨み素材がプレートに

Img_3549

もう至福のひととき

おいしすぎて、白ワインでした(残念)

Img_3552

バーニャカウダー

ニンニクとアンチョビーの温かいソース

甘さの引き立った温野菜とともに♪

ますますワインが欲しくなってしまいます

Img_3557_3

鰺のバーブパン粉焼き

カンタンでとってもおいしいのでタマネギを敷いてプチトマトを入れて

よく作りますが

トマトのスライスを敷きつめて作った事はありませんでした

オーブンの中でほどよくグリルされた甘~いトマトは

お魚のソースのようなポイントになりとってもおいしくいただきました

トマトからは水分が出ないように

我が家のオーブンでするときはグリル機能で温度を高めにする必要があります

Img_3560_2

テラミス!

Img_3563_2

マスカルポーネ・卵・生クリームで

ふんわりお手軽ドルチェ♪

フレーバーコーヒーと共に

* * *

 ファイブスタイル ブログランキング  

      ↑            ↑

ランキングに参加してみました☆ 日々の励みになりますので1クリックどうかお願いします♪

手打ちのフレッシュパスタにトライするのはとっても楽しい♪

コレを練っておけば、切り方次第でラザニアもトルテッローニ(詰め物パスタ)も

バリエーション豊かに

きっと格別なものが出来るでしょう

早速作ってみましょう!

あれ、Happyちゃんのお気に入りの黄色いミニカーがないな・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.16

スパニッシュ!

今日のお教室はスペイン料理

昨日ご一緒させていただいた素材選び

新鮮な野菜を使ったお料理です

今日も張り切って参加しました♪

Img_3396

まずは下ごしらえ

大地の恵みの甘~いトマト

丁寧に湯むきしてトマトソース作り

Img_3394

LOGEのパンでじっくり煮込みます

トマトのおいしい時期、見分け方、特性etc・・・

かなりためになる充実した内容

Img_3397

パエリアには欠かせないコレ

非常に薫りの高いサフランでした

Img_3402_3

ミズイカのカルパッチョ

Img_3414

今日は事前情報でガスパチョ狙いでした

上質なオリーブオイル

ほどよい酸味のワインビネガー

加熱していない野菜たっぷりのビタミン豊富な冷たいスープ

みずみずしさがからだにゆき渡るような爽快なスープでした

長崎の暑い長ーい夏

コレで元気をもらいましょう

Img_3404

オリーブオイルでじっくりソテーしたジャガイモの旨みたっぷりトルティージャ

そして水牛のフレッシュモッツァレラと甘いプチトマトのピンチョス♪

Img_3408

Img_3406

どれもため息の出るような

おいしくて

新鮮な野菜達の美しいこと

そしてお料理する事

胸がいっぱいになるほど楽しい

後半は我が愛しのHappyちゃんの体が熱い事に気が付き

途中からお料理にも集中できなくなってしまいました

Img_3415

普通10ヶ月の赤ちゃんをつれてお料理教室はほぼムリ

一緒に参加された皆様が温かい目で見て下さること

それでも参加させて下さる先生に感謝しつつ・・・

後ろ髪引かれる思いで病院に向かいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.11

苺ミルクベーグル&マカロン・ド・ナンシー♪

Img_2459

初ベーグル!ぴかぴかでふっくら!

もっちりほんのり苺ミルク風味♪水分は苺とミルクで、春の味です

短時間でこんなに美味しいパンが出来るなんて!

はまりそうです!

先生の手の中で魔法のようにどんどん生地がつるんつるんに

手ごねってこんなにカンタンだったかしら??

ベーグルの歴史もちらっと教えてもらいました☆

Img_2451

あこがれのマ、マカロン・・・でもピエが・・・

そうなんです、ピエ入らないマカロンナンシー!マカロンの元祖

とってもカンタンで

マカロンには色々な種類があるんですね

ラム酒入りのガナッシュがショコラを引き立てて美味しい♪

初心者の私にはぴったり!詳しくはこちらで♪

いよいよ段階的にマカロンパリジャンを手がけてみるのも近日!?

Img_2466

今日お目にかかれると思いませんでした

ホシノ酵母のプチパン!ふっくらでかわいらしい!

は、はじめまして(緊張)あ、2度目でした^^;

優しいお味

いつか、この酵母で作ってみたいです

Img_2470

そして、先生お手製のお菓子の数々!

夕食抜きの覚悟でお味見させていただきました

ま、マカロンパリジャン!コーヒー味、フィリングはコーヒーのバタークリーム

とっても美味しい!さくさく中はふんわり

ますますマカロン作ってみたくなりました

そして塩バターキャラメルクッキー

アンリ・ルルーのキャラメルを彷彿とさせるお味

クッキー型もかわいくて

オレンジのパウンドケーキも爽やかな酸味で美味しい!

知らないいろんなお菓子があるな

美味しいお菓子って、どうしてこんなに幸せな気持ちになるのかしら

お話も弾んで

Img_2469

楽しいひとときもあっという間・・・

今日お勉強させて頂いたお菓子やパン

きっと自分でも上手に出来るまで作ってみます

・・・ベーグル、とっても美味しい!

Img_2477

かわいらしくラッピングもさせて頂いて

お友達にもお裾分け♪

* * *

今日は日差しが強くて、車を運転していると暑いくらいでした

Img_2472

長崎では、ツツジもちらほら!

夕方から、子供達と散歩がてら近くの公園へ

Happyちゃん公園デビューでした

この時期夕方から外で遊ぶなんて北海道ではあり得ません。寒いし暗いし

ここ長崎では、子供達が夏の昼間の強い日差しを避けて

夕方から外に出て遊ぶ事知りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

小籠包

Img_7153a

口の中に入った瞬間

ジュワっと口の中一杯に広がる肉汁・・幸せ~!

コラーゲンたっぷりっ!

美容ため、この瞬間の幸せのため

待ちに待った「小籠包」のお教室♪

張り切って参加しました♪

外はきりりと寒く身も縮まるほど それでも太陽のまぶしい1日で

ピンと背筋が伸びるような

長崎の冬、こんな日も大好きです

Img_7142_2

生地5gを棒でまあるく延ばし、ひだを寄せながら包んでいくのですが

これがむずかしー!でももくもくと包み

一つひとつできあがっていく時間も楽しいひととき♪

なかの餡には・・・えっ!

なんと豚足の煮こごりを!!

入れます。

Img_7146aa

蒸したてー!

熱いうちにすぐにいただきます。

Img_7156

サザエ入り雑穀の中華粥はほんのり桜色

体にやさしいお味♪

Img_7165

そして今日は本格的な茶器で本格的な煎れ方で(はじめてみたんです、素晴らしい!)

貴重な高麗人参入りのお茶をいただきました

中国では1日に2回の食事と3回の点心を食べるらしい(どのような種類の方々かしら?)のですが

飲茶という言葉からもわかるように点心にはお茶が欠かせませんね

中国人は1日5回もの食事や点心を摂っても太りすぎや健康を害さないのは

このようなお茶の効能によるからなんだそうで・・・

Rikakoさんのお宅には花茶や菊茶などの薬茶・・様々な中国茶がありました

中国茶の世界も奥が深いですね

家族の健康のためにも折を見てお勉強したいと思いました

Img_7172a

ビタミン、ミネラルの豊富な黒砂糖入りのシフォンケーキ

ふんわりふんわり軽くて美味しいシフォン♪

今日のお教室も盛りだくさん!

今回は中国の食文化をかいま見る事が出来ました

世界は広いナ・・・・

少しずつそろえていきたいと思っていたキッチンツールもとっても参考になりました

***

Rikakoさんの素敵なページESSEN*エッセンへリンクはらせて頂きました♪

ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.04

クリスマス料理

151_5108_3   

Nobukoさんと一緒に楽しみにしていたクリスマス料理のお教室へ

お腹にフルーツを入れるローストチキンは初めて作りました!

ハーブの香りとほんのりフルーツの甘みのついたチキン

焼き汁にハーブ、バルサミコ酢を加えデグラッセした濃厚なソースをかけて・・・

皮はパリパリ

中はとってもジューシー

お口の中でソースとプルーンの甘みとが溶けあって・・・・

とーっても美味しかった!!

我が家には、まだクリスマス料理の定番がありません

思い返してみると・・息子はまだ小さくて昨年のミートローフを辛うじて覚えてる程度

夫と2人の時はクリスマスは外食だったかな・・

チキン丸ごとは人数がいないとなかなか作れないお料理

家族も一人増えたことだしこれからの我が家の定番にしたいなーと思いました

150_50911_4

特別な日にこーんな大きなチキンが食卓を彩ることは子供達にとってもきっと幸せですね

見た目も豪華でおもてなしにも最適!

今日は寒い1日でした

初めての出会いにも感謝

たくさん笑って

冷えたからだに温かいハーブティー

心まで温まりました

*menu*

ローストチキン

クリスマスカラーの温野菜

カリフラワーのスープ

イングリッシュブレッドテイストのシンプル丸パン

ハーブティー(レモングラス、レモンバーベナ)

151_5102_4

できたてのローストチキンをキッチン

ばさみで手早く丁寧に取り分ける

Rikako先生。お料理は作って終わり

ではないんですね

温かいうちに美味しそうにお皿にサー

ブすることもお勉強になりました!

チキンの捌き方復習しておこう

150_5060_2aya*先生のシンプルな

イングリッシュブレッドテイストの丸パン

美味しくって

ついつい3つも食べちゃいました^^;

弾力と引きの強い食感

独特の口溶けを味わう事が出来ました

・・・・ニーダーますます欲しいー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.09

ドイツ料理

Photo写真 ハーブのブランチより

爽やかな秋晴れ
すがすがしく少し冷たい空気
yukiさんに誘われて始めたお料理教室は今日で2度目
楽しみにしていたドイツ料理
お勉強後
Rikako先生のお宅の素敵なテラスで楽しくランチ

■メニュー

アイスバインのスープ
手作りハーブソーセージ
ザワークラウト
パン・ジャポネスク

アイスバインは口にするのは初めてで面白いお味でした。
ほかは料理本で作った事はありますが、ドイツに住まれていた先生の
本場仕込みのお味を堪能!
手軽に手に入る物でまだ見たことのない国のお味だけを拝借・・
楽しいひとときでした。

Photo_2 写真 ハーブのブランチより

ドイツ料理に
「パン・ジャポネスク」
何故?

札幌の円山に住んでいた頃
衝撃を受けた近所のドイツパンのお店ブルク「BRUG」
それ以来大好きで未知の領域でもあるドイツパンを期待していました
和風のパン・・ところがとっても印象的なお味でした
ライ麦のどっしり重くて濃厚なドイツパンの
存在感に負けないくらいの印象でした!

原材料(玄米・粉末椎茸・豆腐・豆乳・ごま・砂糖・醤油・・) 

もっちりしっとりだけど ふあふあの食感
噛めば噛むほど味が出る・・・

素敵なパンの先生に巡り会えることができました^^

こんなパンがいつかお家で焼けたら・・と
コネの労力を敬遠しパン作りから遠のいていましたが
コツコツ再開しよう・・そう思いました
パンの先生であるaya*先生のお教室でも学べるといいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)